美容に良い【アボカド】のオイルには皮膚の再生に欠かせない成分が!

アボカドオイル

森のバターと呼ばれ、モデルさんや女優さん等、美意識の高い芸能人の方がレシピを公開すると大抵使用されている、美に欠かせない食材アボカド。

なんと世界一栄養価の高いフルーツとしてギネスブックに認定されている程!

なので積極的にアボカドを摂りたいところですが、毎日アボカド料理を作るのは手間が掛かって大変なので、アボカドオイルとしてアボカドの栄養を補うことをオススメします♪

なかでも最高品質アボカドオイル『ロシオ・デル・ボスケは世界最高基準の品質「酸度0.18%」で開封後1年経っても美味しさが続きます。

無添加・無着色・無香料のアボカド100%オイルなので身体に不必要な添加物等を摂り込む心配がなく、トランス脂肪酸・糖質・コレステロールがすべてゼロと安心安全で健康的です!

さらにビタミンEがオリーブオイルの約4.5倍も豊富で、食物繊維はキャベツの約3倍の含有量を誇っています。

他にも、皮膚の再生に欠かせない成分「パルミトレイン酸」が含まれていたり、角質のカサツキや小ジワなどの予防・改善が期待できる「オレイン酸」が高含有量など、美容に優秀な成分が豊富です。

アボカドオイルは身体の内側から美容に気を使いたい方にオススメの飲む美容オイルです。

アボカドオイル

110gサイズは食卓に置いておいてもOK

卓上サイズの120mlは1,260円(税抜)と始めやすい価格設定で、アボカドの栄養素を摂るために必要な1日の量は小さじ1杯分なため、1日50円程度でアンチエイジングに必要な成分を摂ることが出来ます。

美容ドリンクを飲むよりずっと経済的で、天然の物だから安心して続けることが出来、オススメです♪

最高品質アボカドオイル『ロシオ・デル・ボスケ』の魅力的な美容成分

アボカドオイル

アボカドは12種のビタミンと14種のミネラルを含み、最も栄養価が高いフルーツとして2006年版のギネスブックに登録されました。

また、近ごろ注目されているフィトケミカル2種(第7の栄養素)、コエンザイムQ10も含んだ、身近にあるスーパーフードです。

そしてその含有量もすごく、魅力的な美容成分を豊富に含んでいます。

最高品質アボカドオイル『ロシオ・デル・ボスケ』の場合、コールドプレス製法を全工程で行い、アボカドの豊富な栄養価をそのままオイルに閉じ込めることが出来ます。

トランス脂肪酸・糖質・コレステロールはすべて「ゼロ」で不安要素がなく、安心して口にできるのも嬉しいですね♪

毎日小さじ1杯でこの栄養素を摂ることが出来るので、そのまま飲んだり、雑味やえぐみが少ないのでサラダやヨーグルト・納豆などに掛けてもOKです!

肌に潤いや柔軟性をもたらす「オレイン酸」67%の高含有率

悪玉(LDL)コレステロールを減少させ、善玉(HDL)コレステロールを増加させる働きがあるオレイン酸は67%の高含有率です。

悪玉コレステロールの増加は、動脈硬化や高血圧、心臓疾患などの原因になることで有名で、善玉コレステロールは、血管内の過剰なコレステロールを回収してくれます。

なので悪玉コレステロールを減少させて善玉コレステロールを増加させる働きのあるオレイン酸は健康に良い成分と言えます。

しかしオレイン酸はそれだけでなく、人の肌にとって重要な役割を果たす皮脂に41%構成されており、乾燥や雑菌から肌を守るバリアを担ってくれます。

皮脂のバランスが崩れると、乾燥肌や脂性の原因になってしまいますが、オレイン酸が摂れる事によって肌に潤いや柔軟性をもたらし、角質のカサツキや小ジワなどの予防・改善が期待できます。

「ビタミンE」はオリーブオイルの約4.5倍

美容に良いと言われるオリーブオイルをすでに習慣で飲んでいる方も多いのではないでしょうか?

オリーブオイルにはビタミンEが豊富で、ビタミンEは体内の細胞を酸化させて老化の原因となる活性酸素に対し強い抗酸化作用を持っています。

さまざまな害を与える活性酸素から、体を守る効果があるのでアンチエイジングに良いと言われています。

さらに

  • コレステロールや脂肪の酸化を防ぎ、血管のしなやかさを保つ効果
  • 血管の収縮を促す神経伝達物質の生成を抑え、毛細血管を広げる働きがあり、血流改善効果
  • ビタミンE効果で血流が改善すると、同時に細胞の新陳代謝が活発となり、皮膚のカサつきの改善や、肌の色ツヤ・ハリを出す効果も期待

などなど、ビタミンEは健康にも美容にも良い働きをしてくれます。

そのビタミンEをアボカドオイルはオリーブオイルの約4.5倍も含んでいるうえ、ビタミンA(肌や粘膜を乾燥から保護)、ビタミンC(免疫力アップ、メラニン抑制)も含んでいます。

アボカドオイルはこのビタミンACEを含んだ数少ないオイルの一つで、AとCはビタミンEと一緒に摂取することで吸収率が高まり、ますます美容効果を期待することが出来るのです。

健康と美肌をつくる 「パルミトレイン酸」7%含有

パルミトレイン酸は皮脂に含まれる脂肪酸の約12%を占めており、皮膚の再生に欠かせない成分と言われています。

30代頃からパルミトレイン酸の分泌量が減少するため、年齢を重ねるごとに乾燥肌・敏感肌の原因にもなってしまうと言われています。

つまりパルミトレイン酸を摂取出来ればエイジングケア効果を期待できます。

「食物繊維」はキャベツの3倍、ホウレンソウの2倍でダイエットにも!

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」のふたつがあります。

アボカドオイルには、この2種類の食物繊維が理想的なバランスで含有されています。

水溶性食物繊維は水に溶けてゲル状に変化し、コレステロールなど余分な脂質を吸着し体外へ排出してくれます。

また、腸の粘膜を守り善玉菌を増やす効果もあるため、整腸作用も備えています。

不溶性食物繊維の効能は、腸内環境の改善とデトックス効果です。

水に溶けない食物繊維で、胃や腸で水分を吸収し大きく膨らみます。

これにより、腸を刺激し便通を促進し、体にとって有毒な物質を排泄するデトックス効果を得ることが出来ます。

最高品質アボカドオイル『ロシオ・デル・ボスケ』の美味しさも最高品質!

アボカドオイル

飲む美容オイルということで、やっぱり気になるのは味ですよね。

味が美味しくなければ続けられません…。

というわけで、アボカドオイルをそのまま飲んでみた感想と、トマトのカプレーゼサラダにドレッシングとして掛けた時の味の美味しさについてレビューしていきます。

アボカドオイルをそのまま飲んでみました

アボカドオイル

アボカドの味がするのかと思いきや、ほぼ無味・無臭で、口当たりも軽く、オイルを飲んでいる様な感じはありませんでした。

オイルを飲むと胃にどしっとくる重さを感じて胃もたれが心配になることもあったのですが、これはまったく、サラッとした胃に優しいオイルを飲んでいるな~といった感じ。

オイル自体を飲むこともしやすいですし、他の食材と混ぜて頂いても味が喧嘩することなく、食事に取り入れやすいと思います。

アボカドオイルをサラダのドレッシングとして使ってみました

アボカドオイル

トマトのカプレーゼのサラダにアボカドオイルを入れてみました。

塩コショウとバルサミコ酢で味付けしたのですが、オイルが軽いからいつもの倍以上、さっぱりとサラダを美味しく頂けました!

最近こってり系のドレッシングが食べられなくなってきたのでこれはありがたかったです。

おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントしてあげれば喜ばれるオイルかも、と思うくらい飲み口が軽いのです。

他にもトーストにバター代わりとして使ったり、フレッシュジュースや冷ややっこ、納豆などにも使えました。

美味しくて美容にも良いアボカドオイル♪

少し贅沢ですが、美容サプリよりも自然の力でキレイになれるのでおすすめです。

見つけたら是非ゲットしてみてくださいね♪

 

目立つ毛穴の開きが1週間でここまでキレイになった!
オラクル
参考記事 目立つ毛穴の開きを改善したスキンケア方法についてはこちら

気にいったらシェアお願いします♪


肌に優しい化粧品ランキング


肌に優しい化粧品ランキング

 

「化粧品で肌トラブルが起きた!」
 
「肌に優しい化粧品を使ってるけど、いつになってもスキンケア効果が実感出来ない…」

 

そんなお悩みをお持ちの方に、実際に使ったものから【肌に優しくて美容効果も実感しやすい】おすすめ化粧品ブランドをランキング形式で紹介していきます。