歯磨きを嫌がる10ヶ月の赤ちゃんが歯磨きを好きになった【ベビートゥースペーストジェル】

10ヶ月の赤ちゃん 歯磨き

歯が生え始める生後6ヶ月~9ヶ月くらいまでは虫歯の心配が殆どないため、歯ブラシでゴシゴシ磨かなくてもガーゼでサッと拭き取ってあげるだけでも大丈夫でした。

が、赤ちゃんが10ヶ月を過ぎたら離乳食の食べカスが残りやすくなるので歯磨きが必要になります。

だけど歯ブラシを使おうとすると赤ちゃんが大泣きして歯磨きがうまく出来ないママさんも多いのが事実。

泣かないで~と言っても赤ちゃんは泣きやみません。

そこで、おすすめなアイテムが食物繊維で汚れを絡め取る歯磨き粉【ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェル】です♪

10ヶ月の歯磨きを嫌がる赤ちゃん

透明なジェルタイプの歯磨き粉。食品レベルで作られたもので飲み込んでしまっても大丈夫。汚れを優しく絡め取ってくれます。

赤ちゃんが眠っている隙にガーゼで拭き取ってあげればしっかりと汚れを絡め取ることができますし、食品レベルで作られた歯磨き粉なので誤って飲み込んでしまっても安心です。

しかもドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルはグレープ味なので、赤ちゃんが嫌がりにくく、むしろ歯磨きが好きになったという口コミもあるほどです。

まさに、生後10ヶ月の赤ちゃんの歯磨きに頭を抱えているママさんの救世主のような存在の歯磨き粉です♪

食品レベルの原料で作られた赤ちゃん用歯磨きジェル

歯磨きを嫌がる赤ちゃんには、歯磨きが楽しいものだと教えてあげよう♪

10ヶ月の赤ちゃん 歯磨き

泣いて嫌がる姿より、楽しそうに歯磨きする可愛い姿が見たいですよね♪

生後10ヶ月を過ぎたら離乳食が歯の間に挟まりやすくなるため、歯磨きをする必要があります。

だけど多くの赤ちゃんは歯磨きを嫌がってしまいます。

歯磨きを嫌がる赤ちゃんは、歯ブラシを口に入れられることや、歯磨き粉の味、歯ブラシの刺激などが嫌だと感じていることが理由であると考えられます。

だからガーゼと変わらないような柔らかい毛先の歯ブラシを使って、美味しい味の歯磨き粉で歯磨きしてあげましょう。

ただ、美味しい味の歯磨き粉の場合、赤ちゃんが飲み込んでしまう可能性もあるので、飲み込んでも安全なものを選ぶと良いです。

10ヶ月の歯磨きを嫌がる赤ちゃん

先に紹介したドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルの場合、食品レベルの原料で作られた食物繊維で汚れを絡み取る歯磨き粉なので、万が一飲み込んでしまっても安心です。

その都度、「歯磨き粉は食べちゃいけないんだよ」と教えてあげながら、歯磨きの習慣を覚えさせていきましょう。

また、機嫌が悪い時に歯磨きをするのも、歯磨きが嫌いになる原因となるので、赤ちゃんの機嫌も伺う必要もあります。

歯磨きを嫌がってどうしても磨けない時は、ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルを使って、寝ている間にガーゼで優しく汚れを拭き取ってあげましょう。

子供が自分で歯ブラシを持てるようになったら、お母さんも一緒に歯磨きを♪

子供と一緒に歯磨き

子供にとって、お母さんが楽しそうにしていることを真似することも楽しいことの1つです。

我が子が自分で歯ブラシを持てるようになったら、お母さんも一緒に歯磨きを楽しむと、子供は歯磨きが好きになっていきます。

ドルチボーレ ベビートゥースペーストジェルは大人が使ってもしっかり汚れが落ちるので、同じ歯磨き粉を使えば、より子供は喜んでくれます。

もちろん仕上げはお母さんがしてあげてくださいね♪

食品レベルの原料で作られた赤ちゃん用歯磨きジェル

 

目立つ毛穴の開きが1週間でここまでキレイになった!
オラクル
参考記事 目立つ毛穴の開きを改善したスキンケア方法についてはこちら

気にいったらシェアお願いします♪


肌に優しい化粧品ランキング


肌に優しい化粧品ランキング

 

「化粧品で肌トラブルが起きた!」
 
「肌に優しい化粧品を使ってるけど、いつになってもスキンケア効果が実感出来ない…」

 

そんなお悩みをお持ちの方に、実際に使ったものから【肌に優しくて美容効果も実感しやすい】おすすめ化粧品ブランドをランキング形式で紹介していきます。