デリケートゾーン専用石鹸で洗う人と普通の石鹸で洗う人の差

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン専用の石鹸がありますが、普通の石鹸とどう違うのでしょうか?

また、デリケートゾーン専用石鹸でなく、普通の石鹸を使い続けた場合、どんな差が出てくるのでしょうか?

というわけで何故デリケートゾーン”専用”石鹸があそこに良いのかを調べてみました。

ちなみに、デリケートゾーン専用石鹸で洗った人と、普通の石鹸で洗った人とでは続けるにつれこんな差が出てくるそうですよ。

  • デリケートゾーン専用石鹸で洗った人
    柔らかく清潔感のある香りのキレイなあそこに♪
  • 普通の石鹸で洗った人
    常在菌が減ってあそこにニキビや被れ、黒ずみや臭いに悩まされることに?!

何故こんなに差が出てしまうのか、原因を探っていきます。

デリケートゾーンは顔よりも皮膚が薄く、肌は敏感!

顔を普通の石鹸で洗う人はいませんよね。

やっぱり身体の肌に比べ、顔の肌はデリケートで傷つきやすいから、ボディ用よりも優しい洗顔料を使っていると思います。

それなのに、顔よりも皮膚が薄いデリケートゾーンはボディ用で洗ってしまうのって、どうなんでしょう?

デリケートゾーンは顔よりも皮膚が薄いため肌は敏感で、刺激を受けやすいのです。

あそこを洗う時、ボディ用石鹸で沁みたことはありませんか?

デリケートゾーンは顔以上に優しい成分の石鹸を使うべきなんです。

普通の石鹸はアルカリ性だからあそこに沁みやすい

普通の石鹸はアルカリ性であることが大半だそうです。

デリケートゾーン(肌)は弱酸性なので、弱酸性の石鹸を使うことが望ましいとされています。

弱酸性の肌にアルカリ性の石鹸を使うとどうなるのか?
アルカリ性は刺激が強く洗浄力も高いです。
そのためデリケートゾーンに存在する常在菌と言う雑菌などを抑制してくれる菌まで洗浄してしまい、対して雑菌は繁殖します。
その結果、大量のおりものが出てきたり、臭いや黒ずみ、肌トラブルの原因になるだけでなく、生理痛も引き起こしてしまいます。

確かに石鹸があそこに沁みることってありますよね。

「あそこの中を石鹸で洗おうとしたら沁みてとてもじゃないけど無理!」ってこともありました。

デリケートゾーン用石鹸だとあそこが沁みることもなくて使い心地が良いです。

ただ弱酸性ビオレなど、最近では弱酸性のものも増えてきましたが、やはり安い石鹸となると化学物質も配合されています。

とくにデリケートゾーンは体内に化学物質が侵入しやすい経路なので、出来る事なら身体に優しい成分で出来た石鹸を使いたいところ。

そこで開発された石鹸が、弱酸性でかつ、無添加にこだわった肌にも身体にも優しい処方のデリケートゾーン専用石鹸なんです。

もしもあなたがデリケートゾーンの肌トラブルや生理痛に長年悩まれていたら、デリケートゾーンに使っている石鹸が原因の1つになっているかもしれません。

デリケートゾーン専用石鹸はジャムウ(ハーブ由来)成分で肌に優しい

デリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーン専用石鹸は特に敏感なデリケートゾーン部分にも優しい成分にこだわって作られています。

そのため普通の石鹸に比べると割高ですが、石鹸の成分が体内にまで入り込みやすいあそこに使うものならこだわっておきたいところ。

またデリケートゾーン専用石鹸ではジャムウ由来成分というハーブを使ったものが多いのです。

ハーブには肌に優しく美肌効果があるだけでなく、あそこの匂いをよくしてくれたり、女性ホルモンのバランスを整えてくれるといったメリットがあります。

また添加物を使わないように無添加処方の物が多く、化学物質によるトラブルも起きにくくなっています。

デリケートゾーンからの化学物質の経口に注意!
現代人に不妊で悩む人が多いのは、あそこから化学物質が入りこんだせいとも言われているので、大事なあそこに使う石鹸は本当にこだわるべきです。
また、デリケートゾーン専用石鹸にしたおかげで、肌だけでなく生理痛も緩和されたという効果を実感している人も多いんです。
私も使っていますが、デリケートゾーン専用石鹸と布ナプキンにしただけで重かった生理痛がだいぶ良くなりました!
同時に、化学物質の怖さを知りました…。

楽天ランキングのソープ部門で1位の『ペアエンジェル・レディハート』はおすすめ♪

デリケートゾーン石鹸

ペアエンジェル・レディハートという名のデリケートゾーン専用の石鹸です。

デリケートゾーン専用石鹸の中でも『ペアエンジェル・レディハート』は優しい泡立ちで臭いも気にならなくなり良かったです。

楽天ランキングのソープ部門1位を獲得したり、メディア掲載もされ、ドクター監修のスキンケア大学の記事『やさしさがポイント!デリケートゾーンの正しい洗い方講座』でも紹介されていました。

デリケートゾーン以外にも全身に使える大きめの固形石鹸なので肌全体を優しく洗えます。

皮膚が薄いデリケートゾーン専用石鹸なだけあって、泡があそこに沁みる事もありませんでした♪

デリケートゾーン石鹸

ペアエンジェル・レディハートは手のひらサイズの大きさで全身にも!

デリケートゾーン石鹸

優しい泡立ちなので肌をやさしく洗うことが出来、気持ちがいいです。

付属に泡だてネットが付き、アロマのような香りがほのかにして臭いケアにもなります。

「ホワイト377」という美白成分を配合しているから黒ずみが気になる人にもおすすめです。

デリケートゾーン石鹸が必要なのは理解しているけどどれから選べばいいのか悩んでいる方は使ってみてください♪

泡がそのまま出てくるポンプ式にすればより便利!

イビサソープ

デリケートゾーン専用石鹸薬用イビサソープは泡がそのまま出てくるタイプなので、デリケートゾーンを泡で優しく洗うことが出来ます。

ナイロンタオルなどで泡立てて、そのままデリケートゾーンを洗ってしまうとあそこの肌が傷ついてしまいます。

そのため、最初から泡のまま出てくるポンプ式のデリケートゾーン専用石鹸にすると使いやすく便利です。

おすすめはイビサソープ

2プッシュであそこに必要な分の泡が出てきます。
毎日使っていますが、生理中でも肌が被れてかゆい!なんてトラブルも起きづらくなりました。
イビサソープは2つの薬用成分『イソプロピルメチルフェノール』と『グリチルリチン酸ジカリウム』が配合された医薬部外品です。

手でマッサージするように泡で洗い流せば、柔肌でいい匂いのするあそこへと近付けます。

イビサソープを実際に使ったレビュー記事もあるので、気になる方は参考にしていってください。

イビサソープの記事はこちら

日本ではデリケートゾーン専用石鹸の種類がまだまだ少ない

すでに海外ではデリケートゾーン専用石鹸を使うことが一般的で種類も豊富に揃っているのですが、日本ではまだデリケートゾーン専用石鹸の種類は少ない状態です。

日本人はデリケートゾーンの肌トラブルや生理痛、不妊などであればすぐに医者に頼ってしまうのですが、本来は生活習慣の改善から行っていきたいところ。

海外ではデリケートゾーンは特に肌に優しい成分にこだわる必要があることを理解しており、まず自分の体の本来の免疫力や生理リズムを整えようとするのです。

生活習慣の改善で効果を実感できるまで時間が掛かるので根気がいります。

それでも薬に頼らず、自分の身体本来の免疫力や生理リズムのバランスが整えば、これほど心強いことはありません。

デリケートゾーン専用石鹸だけでなく、本当に肌や身体にいいことは何か、を考えて体質改善を目指しましょう。

 

目立つ毛穴の開きが1週間でここまでキレイになった!
オラクル
参考記事 目立つ毛穴の開きを改善したスキンケア方法についてはこちら

気にいったらシェアお願いします♪


肌に優しい化粧品ランキング


肌に優しい化粧品ランキング

 

「化粧品で肌トラブルが起きた!」
 
「肌に優しい化粧品を使ってるけど、いつになってもスキンケア効果が実感出来ない…」

 

そんなお悩みをお持ちの方に、実際に使ったものから【肌に優しくて美容効果も実感しやすい】おすすめ化粧品ブランドをランキング形式で紹介していきます。