植物成分って危険なの?オーガニックコスメで肌トラブルを起こさないために知っておきたいこと

有機栽培で育成された素材のみを原料として作られているオーガニックコスメですが、人によっては化学合成成分で作られている化粧品よりもオーガニックコスメに刺激を感じてしまう人もいます。

なぜなら植物にかぶれやすい人とそうでない人がいるのと同じ原理で、植物成分が多いコスメにかぶれてしまう人もいるからです。

今回は、オーガニックコスメを使用する際の注意点に着目してみましょう。

オーガニックコスメは植物のもつ成分がそのまま肌に働きかける

オーガニックコスメはいわば植物エキスのかたまりのようなものですので、成分そのものが肌に直接働きかけ、肌の健康状態を良好な状態に持っていくことができます。

しかし成分そのものが肌に直接働きかけることで、植物エキスによってお肌が刺激を受ける場合も出てきます。

いくつか具体例を挙げてみましょう。

大豆成分

乳液や美容液のクリーム成分には大豆レシチンが使われています。

ですから大豆アレルギーの人には刺激があると考えて良いでしょう。

「使っても刺激が無かったから大丈夫」と考えて使い続けているうちに体内の許容量を超えてしまい、アレルギー反応が出たり、最悪の場合はアナフィラキシー反応を起こしてしまうこともあります。

小麦成分

無農薬栽培の茶葉を使用したもっちり泡でさらなる透明美肌へ、というキャッチコピーでたくさんの製品を売り上げた某企業の石けんにより、数年前にアレルギー反応が起きて民事裁判が行われていることは有名です。

アレルギー反応を起こした原因は小麦成分から作られた加水分解小麦成分のせいでした。

加水分解小麦成分は石けんの“もっちり泡”を作り出すために入れられていました。

この石けんを使い続けることにより加水分解小麦成分がお肌に付着し、加水分解小麦成分が体内に侵入していって、最後にはアレルギー反応を起こしてしまったのです。

さらに、この石けんで使われていた加水分解小麦成分はもっちり感を高めるために通常使う状態より分子量が大きいという危険な因子であったため、もともと小麦に対してアレルギーを持っていない人であってもこのようなアレルギー反応が起こったと言われています。

小麦に対するアレルギーが心配な人は直接メーカーに問い合わせると良いでしょう。

キク科成分

花粉症の原因のひとつと言われているブタクサにアレルギーがある人は、キク科の植物に注意しましょう。

オーガニックコスメに良く配合されている、カモミールヨモギのエキスはブタクサと同じキク科の植物です。

特にカモミールは抽出エキスが精油として使われていることがあるので、使おうとしているオーガニックコスメの中にこのような成分が使われていないかチェックすることが大切です。

また他にキク科の植物には、ニンジンセロリパセリキュウリキウイなどもありますので、これらの成分がオーガニックコスメに含まれていないかのチェックも必要です。

オーガニックコスメで使う量は食べ物で摂るよりも少量だから大丈夫」と言う自己判断はせずに、アレルギーを持っている方はそのような成分が入っているオーガニックコスメを避けるか、かかりつけの医師に相談しましょう。

認定団体によって一部の合成化学成分が認められていることもある

こうして見てきますと、100%オーガニック=100%安全とは言い切れないような気がしてきます。

逆に言うと合成化学成分は、過去多くのトラブルが起こってきたために度重なる実験と研究が重ねられ、合成化学成分ではあるけれども安全性が高い、という成分も存在します。

このような観点から、海外のオーガニックコスメ認定団体では一部の合成化学成分の使用が認めているところもありますので、合成化学成分が即悪影響を与える成分ばかりでないことにも目を配りましょう。

コディナ アロエジェル

写真はオーガニック認証を受けているコスメブランド『コディナ』のアロエジェルです。

コディナはフランスのパリ15区にショップを構え、オーガニックにこだわりが強いパリジェンヌからも支持されている、信頼できるブランドです。

コディナ アロエジェル

その中でもアロエジェルはぷるっぷるのテクスチャーが、日焼け後の肌の炎症を抑えてくれて、保水力も高いと人気のアイテムです。

詳細はこちらコディナ アロエジェル

しかしオーガニック認証を受けているはずのコディナのアロエジェルは、全成分をチェックしてみると一部の合成化学成分が配合されているのです。

コディナ・アロエジェルの全成分
【オーガニック原料】アロエベラ液汁・トチャカエキス(海藻エキス)・グリセリン
【その他全成分】香料・クエン酸・安息香酸Na・ソルビン酸K

香料・クエン酸は植物由来の成分ですが、安息香酸Naやソルビン酸Kは添加物として扱われている防腐剤です。

市販にする場合、やはり安全面を考慮し、100%オーガニックにこだわるよりも、防腐剤を配合した方が安全性が高くなるんですね。

防腐剤がなければ化粧品が劣化し、雑菌繁殖による肌トラブルを起こす可能性がありますから。

それでも配合量が少なく、コディナのアロエジェルは開封後3ヶ月くらいで使いきることを推奨しています。

添加物が入っていないので保管には気をつけなければならない

b3abc84c761d2d20d96405216cf54dc9_s

化粧品自体、いわば生ものと同じような配合になっています。

それがいつまでも使える理由は多くの添加物が使われているからです。

主な添加物には合成保存料、防腐剤、乳化剤、合成香料などがあり、ほとんどが石油から作られた石油由来成分となります。

これに対してオーガニックコスメは化学成分を使わずに製造されていますので、その保存方法にも気を付けなければなりません。

保存方法の注意点

  • 決められている消費期限内に使い切るようにする。
  • ボトルの口に直接手を触れないようにする。
  • クリームなどは素手で取らず添付のヘラを使う。
  • フタは必ず毎回しっかりと閉める。
  • 使用後は必ず冷暗所にしまう。

今まで使っていたケミカル化粧品と同じような扱い方をすると、オーガニックコスメの劣化を早めてしまいかねません。

せっかく高い金額を支払って購入したオーガニックコスメ。

最後の一滴まで有効に使いましょう。

 

目立つ毛穴の開きが1週間でここまでキレイになった!
オラクル
参考記事 目立つ毛穴の開きを改善したスキンケア方法についてはこちら

気にいったらシェアお願いします♪


肌に優しい化粧品ランキング


肌に優しい化粧品ランキング

 

「化粧品で肌トラブルが起きた!」
 
「肌に優しい化粧品を使ってるけど、いつになってもスキンケア効果が実感出来ない…」

 

そんなお悩みをお持ちの方に、実際に使ったものから【肌に優しくて美容効果も実感しやすい】おすすめ化粧品ブランドをランキング形式で紹介していきます。


コメントを残す