ノンシリコンシャンプーとオーガニックシャンプーの違い

最近、ノンシリコンシャンプーはCMでもよく宣伝されていますし、ドラッグストアの店頭でもノンシリコンというポップが強調されて販売されています。

この話題のノンシリコンシャンプーは、シリコン入りシャンプーよりも髪や地肌に優しいシャンプーなので注目を得ているのです。

では、オーガニックシャンプーも同じようなものですか?

それとも全くの別物なのでしょうか?

今回は、ノンシリコンシャンプーとオーガニックシャンプーに焦点を当て、その違いをチェックしてみましょう。

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーとはその名の通り、シリコンがノン、つまり入っていないシャンプーなのですが、そもそもシリコンとはどういう働きをするものなのでしょうか?

シリコンと聞くと、豊胸手術をする際に胸に詰め込む物質と思いがちですが、あのシリコンとシャンプーの中に入っているシリコンとは別の物で、シャンプーの中に入っているシリコンには、髪の手触りを良くして光沢を出す作用があります。

これだけ聞くととても髪に良さそうですので、何故シリコンを排除しなければならないかわかりませんね。

実は、髪をシャンプーすることで、髪や頭皮が本来が持っている油分も洗い流してしまうのです。

ですから、そのままだと髪の毛がバリバリになったり、頭皮が乾燥してしまいます。

074115

例えて言うと、一時期ブームになった石鹸シャンプーにはシリコン成分が入っていないため、髪の毛がバリバリになってしまっていたのです。

そのようなシャンプーはいくら髪に優しいからと言っても、人気が無くなってしまいます。

そこで、シャンプーの中にシリコンを加えることで、失われた油分を化学的に補ってきたのです。

このように書いていくとまるでシリコンが悪者のようですが、シリコン自体には害はありません。

では、なぜ最近ノンシリコンシャンプーが注目を浴びるようになってきたのでしょうか。

それには2つの理由が考えられます。

ノンシリコンシャンプーが注目を浴びている2つの理由

-shared-img-thumb-SEP_327215200714_TP_V

1つ目はシャンプーだけに限らず、いろいろなコスメ製品に対して消費者の自然派志向が高まり、化学製品離れが始まったことによるでしょう。

2つ目は日本人の髪質が変わってきていることがあげられます。

以前の日本人の髪質は、太くてしっかりとした髪質で量も多かったので、シリコンシャンプーによりしっとりと落ち着かせる必要がありました。

ところが最近は、細くてコシが無く髪の量も減った人が多くなってきています。

そのためシリコンシャンプーを使うと髪がベタッとした感じになってしまい、ボリュームのないペッシャンコの髪型になってしまいます。

そこで、シリコンを使わないノンシリコンシャンプーが好まれるようになってきたのです。

オーガニックシャンプーとは?

4b72d97f1a9614d8544ac8ebf9b54bb5_s

では、オーガニックシャンプーとはどういうものなのでしょうか?

実はシャンプーに限らず、洗浄剤の第一の目的は汚れや脂を落とすということなので、その目的を達成するために洗浄剤には驚くばかりの合成化学物質が含まれています。

ですからシリコンはもちろんのこと、洗浄剤に含まれるそれらの合成化学物質を天然成分物質に変えた物をオーガニックシャンプーと言うのです。

けれどもオーガニックコスメの場合と同様、これはオーガニックシャンプーです!と大きく表示してあっても、その内容物がすべて天然成分であるとは限りませんので、消費者自身の内容成分のチェックが必要となってくるでしょう。

まずは洗浄剤の中でも石鹸成分は害の少ないものとして昔から使われていますが、石けんのアルカリ性は髪のキューティクルを壊し、髪の毛に含まれるアミノ酸成分を流出させてしまい、これが髪のきしむ原因となります。

髪のきしみが気になる方は避けたい成分です。

オーガニックシャンプーの中には石鹸系の洗浄剤では無く、天然成分の中の糖系の洗浄剤を使い、シャンプーのphを中性から弱酸性にすることで、きしみを減らしているものがあります。

また、○○硫酸と言われる成分は洗浄力の基本となるものですが、頭皮の脂をとる力が強く、使い続けることで頭皮が乾燥してしまい、ひどい場合は皮膚炎を発症したりもします。

オーガニックシャンプーには天然のアミノ酸成分配合したり、植物由来の洗浄成分を配合しているものがあります。

さらに、低分子性カチオン活性剤というコーティング作用がある成分には、たんばく質を変異させる強い作用があり、頭皮への負担が懸念されている成分です。

この化学物質の代わりに植物油の保湿作用を利用しているオーガニックシャンプーがあります。

最後に、防腐剤として有名なパラペンですが、これを使っているということは安い単価でシャンプーの成分を維持しようという意図が窺えます。

単価は上がりますが、パラペンを使わなくても天然の植物精油の抗菌作用が防腐剤の代わりとなりますので、この点にも注意してオーガニックシャンプーを選びましょう。

オーガニックシャンプーという表示だけに惑わされずに、きちんとした目で成分を見極めることが大切です。

ノンシリコンシャンプーとオーガニックシャンプーの違い

5baa675ab88a4f33ea9692d91ecc7a16_s

今度はノンシリコンシャンプーとオーガニックシャンプーの違いを見てみましょう。

シリコンが含まれていないという点では、ノンシリコンシャンプーもオーガニックシャンプーも同じですが、違いはシリコン以外の成分です。

前述した通り、シャンプーにはノンシリコンシャンプーであっても色々な合成化学物質が使われているものもあります。

ノンシリコンだけにこだわらず、多くの天然成分が使われているシャンプーを選ぶとしたら、オーガニックシャンプーの方がおススメです。

ただ、オーガニックシャンプーは天然成分で作られているため、合成化学物質が入っているシャンプーのように、一度洗っただけで髪の質に変化を与えるものではありません。

頭皮や髪自体そのものの力を引き出し、頭皮と髪を健康に導いていくものですから、しばらく使い続ける必要があります。

そうすると、髪と頭皮が生き返ったような感じを覚えるでしょう。

さらにオーガニックシャンプーの良い点は、保湿成分などを含む天然成分の中には育毛成分を含んでいるものもあります。

シャンプーしながら育毛もできるなんてとてもうれしいことですね。

毎日使うシャンプーだからこそ、頭皮にも髪にも優しいものを選んでいきましょう。

 

目立つ毛穴の開きが1週間でここまでキレイになった!
オラクル
参考記事 目立つ毛穴の開きを改善したスキンケア方法についてはこちら

気にいったらシェアお願いします♪


肌に優しい化粧品ランキング


肌に優しい化粧品ランキング

 

「化粧品で肌トラブルが起きた!」
 
「肌に優しい化粧品を使ってるけど、いつになってもスキンケア効果が実感出来ない…」

 

そんなお悩みをお持ちの方に、実際に使ったものから【肌に優しくて美容効果も実感しやすい】おすすめ化粧品ブランドをランキング形式で紹介していきます。


コメントを残す